こんなに皮膚に負担が!?無駄毛処理の仕方について

間違った無駄毛処理は肌に負担をかける

間違った無駄毛処理を続けていることで肌のトラブルを起こしてしまうことも少なくありません。よく見られるトラブルが埋没毛で、毛抜きで毛を抜いた際に起こりやすいです。毛穴を傷つけることでかさぶたを作り、毛穴がふさがれて毛が外に出られずに肌の中でしまいます。毛抜きで処理する場合は毛の流れに沿って抜くことがポイントです。肌の黒ずみも無駄毛処理の結果起こりやすい悩みです。これはシミやそばかすと同じくメラニンが原因で起こります。カミソリや毛抜きなどで肌に強い刺激を与え続けることで、メラニンが集中して黒ずんでしまいます。電気シェーバーなどの無駄毛処理グッズを強く肌に当てて使用することでも刺激になるので、できるだけ優しく使うようにしましょう。

カミソリで無駄毛処理する際のポイント

無駄毛処理にカミソリを用いている方も多いでしょうが、自己流の処理方法では皮膚を傷つけているかもしれません。入浴中に処理する際に、石鹸やボディーソープの泡を使うのは避けた方が良いです。界面活性剤の効果で肌がふやけた状態になっているので、カミソリで肌を傷つけやすくなるので、シェービングクリームを使うようにしましょう。シェービングクリームは皮膚の脂もとられやすいので、ワセリンを使うこともおすすめです。カミソリを使う時は毛の流れに沿うように、できるだけ1回で剃ります。逆剃りは皮膚を傷める原因となります。チクチクするのが気になる場合は、気になる部分のみ剃るようにし、何度も刃を当てないことが重要です。生理中や体調が悪い時の無駄毛処理も、皮膚の抵抗力が落ちているので避けた方が無難です。

脱毛のキャンペーンは普段の料金より大変お得に脱毛ができます。その都度、料金割引が違うので見逃さないよう注意して応募しましょう。

© Copyright Beautiful Skins. All Rights Reserved.